スターバックスの人気理由について!なぜTVCMや値下げ無しに売れるのか?

スターバックスイメージ



こんにちは!けいぞうです。



今日も僕のメルマガをご覧下さり
ありがとうございます。



あなたもネットビジネスを
実践されていると思いますが、
どこで実践されていますか?



僕は、自分の家よりも喫茶店で
実践する事が多いです。




なぜなら、



自宅だと集中できないからです^^




僕の自宅は3LDKのマンションなので、
自宅で実践するときはいつもリビング。



リビングって誘惑するものがいっぱいです^^



大好きな奥さんや子供とおしゃべりしたく
なりますし、テレビもつけたくなります。



喫茶店であれば、誘惑されるものが少ないので、
ネットビジネスに集中できるわけです。



だから、ネットビジネスを実践するときは、
よく喫茶店に行きます。



スターバックスって、金額が高いという理由で
利用されない方もいらっしゃると思いますが、
可処分所得を上げることで、なんの心配もなく
すきな時に、すきなだけ、大きいサイズのドリンクを^^
飲むことができます。



話を戻して、『喫茶店でPC』といえば、
僕の場合、やはりスターバックス。




なんか、居心地良いというか、絵になるというか、
ステータスというか・・・そんな感じです。



実際、僕のネットビジネス仲間の間でも、
スターバックスユーザが多いんですよね。



一体、なぜでしょうか?



今日は、そんなスターバックスの魅力を考察し、
そこからネットビジネスで、今後稼いでいく
ためのヒントについて展開してみたいと思います。



スターバックスの人気理由について!



スターバックスイメージ




まず、個人的に、スターバックスは
『奇跡のコーヒーチェーン』だと
思っています。



なぜなら、



ドトール、ベローチェなどの既存コーヒーチェーンの
牙城がある中、後発組にもかかわらず、
一切TVCMはしないし、あの強気の値段設定で
値下げもしない・・・



にもかかわらず、あれだけ人気があるからです。




そして、コーヒーって、だれでも作れますし、
差別化が難しいと思うんです。



例えば、牛丼のような差別化が難しい、
『コモディティ商品』なわけです。



スタバのほうが、マクドナルドよりコーヒーの
味は美味しいかな、と思いますが、最近では
マクドナルドもあなどれません。



100円であの味でしたら、
高いバリューを感じるわけです。



さらに、最近ではセブンイレブンが、
日本最大のコーヒーチェーンに大化けし、
コンビニが次々とコーヒーチェーン化しました。



おまけに、最近ではドーナツチェーンにも
なっていますので、ミスタードーナツにとっても、
いきなり強烈な競合チェーンが登場したわけです。



このように喫茶・飲食店市場の競争は
激化するばかりですから、
一層、差別化は難しい状況な訳です。



話は脱線しますが、ヤマダ電機は最近、
住宅メーカーになってますからね^^



スマホの登場で、実店舗がショールーム化し、



(つまり、お店で商品を確認して、価格ドットコムで
 値段しらべて、ネットで購入、みたいな流れ)



電化製品を実店舗で販売するビジネスモデルが
成り立たなくなる危機感を受けて、環境変化に
対応すべく、業態を変化させているのです。




いや~~環境変化の激しさを本当に
肌で感じる機会が多くなりました。



あのファミコンで一世を風靡し、つい数年前まで
超高利益企業だった任天堂も、スマホ×ゲームの
波に乗ることができず、赤字に苦しんでいるなど、
実例を挙げればきりがありません。



さて、そんな中、なぜ、スターバックスは
TVCMも打たず、値下げもしないのに、
あれだけ売れるのか。



それは、



『スタバ=サードプレイス(第3の場所)』という
コンセプトが僕らネットビジネス実践者はじめ、
多くの人に支持されているからだと感じています。




もちろん、コーヒーへのこだわりは大前提です。



つまり、



・杓子定規にならないクオリティの高い接客レベル


・客層にあわせて時間帯でBGMを選曲


・単位面積当たりの椅子・机の数


・すわり心地のよい椅子


・喫茶店の常識を覆した『全席禁煙』




などなど、『快適な場所作り』へのこだわりを
追求したからだと思うんです。



『スタバのコーヒーは決済システムに過ぎない』



その人の価値観によっては、こんな見方も
できるかもしれません。



YOUTUBEで音楽が聴き放題の昨今、
AKB48のCDが、飛ぶように売れるのも、
同じ原理ですね。



AKB48のCDは握手会や総選挙に参加
するための決済システムに過ぎない、
という見方もできるわけです。



スタバの成功事例をネットビジネスに応用すると?




さて、この事例から学び取れる事。



それは、『コンセプト作り』の重要性です。




ことネットビジネスにおいては、
この『コンセプト作り』が極めて重要です。



なぜなら、



ノウハウはコピペができるため、
差別化が図りにくいからです。



稼ぐ系のブログを見てみると、みーーーんな
同じ商材売っていますよね。



リアル店舗は、エリアで差別化できるので
問題ないのですが、ネットの世界はそうは行きません。




まるで、1つの通り沿いに、セブンイレブンが
何軒もずら~~っと並んでいるかのような状況。



特に情報商材アフィリエイトをされる場合、
商材以外の何かで差別化を図っていく必要があります。



そこで、この『コンセプト作り』が重要に
なっていくわけです。



コンセプトとは、一般的には基本理念とか
概念とか言われますが、誤解をおそれず
僕なりに、平易に表現しますと、



『サービス全体に通じる提供価値の方向性』



かなと解釈しています。



僕のネットビジネス活動において解説
していきましょう。



僕のネットビジネス活動におけるコンセプトは、
『人との繋がり』です。




ヒト・モノ・カネのうち、ネットビジネス
においては、モノ・カネがほとんど必要
ないからです。



たとえば、とある情報商材を主軸に販売した場合、
その教材の位置づけは、あくまで『決済システム』。




もちろん、ノウハウのクオリティが高いのは
大前提ですが、僕のネットビジネス活動の
コンセプトが『クオリティの高いノウハウの提供』
ではなく、『人との繋がりの提供』であるため、
情報商材は決済システムになるわけです。



あなたが、ネットビジネスを実践する時、
どんなコンセプトを打ち立てていきますか?




例えば、トレンドアフィリエイトを
実践するとき、どんなコンセプトを
打ち立てますか?



あなたの得意領域と、読者のニーズを
上手くマッチングさせた『コンセプト』を
作っていけばいいのです。




僕がなぜ、『人との繋がり』をコンセプトと
させて頂いたかというと、もちろん、大きな
需要があることは大前提として、僕の強みを
活かすことができるからです。



僕は、カラオケオフ会を14年間・180回以上
開催し、リアルベースで3000人以上の
友達の輪を構築してきた実績があるので、
それを活かすことができるわけですね。



今日はこの辺りで終えたいと思います。



最後まで、お読みくださりありがとうございました。



P.S.


ノウハウは決済システムと位置づけ、
どんなコンセプトを打ち立てて、
読者さんに価値を提供していくか。



その差別化を図る上で、2つの価値について
考えていくと分かりやすいです。



機能的価値と感情的価値。



機能的価値は、ノウハウの中身やボリューム、
販売価格だったりします。



コーヒー屋でいえば、コーヒーの味だったり、
量だったり、値段だったり。



一方、感情的価値は、この人と一緒に活動すると、
ヤル気が出てくる、とか、楽しい気持ちになれて
モチベーションが上がるとか、そういったものです。


ネットビジネスで成功していくためには、
模倣しずらい『感情的価値』に重きをおいていく
必要があると感じています。



そのためにはどうしたら良いか?



普段、あなたが日常生活の中で感じたこと、
思ったことをあらゆる切り口で表現していき、
それをネットビジネスにつなげていくと
いいです。




たとえば、この記事のように(笑)



そうすることで、この考えに共感した方が
あなたのファンとして、ついてくれるように
なるからですね。



P.S.2


スタバの人気については、こちらの音声動画でも
紹介させてもらっています^^

コメントを残す

サブコンテンツ

けいぞう

大学院を卒業後、始発&片道2時間通勤の一部上場サラリーマンを16年勤めたあと、アフィリエイトで会社をつくり独立した40歳。妻と8歳の女の子と暮らす。趣味のカラオケで2つの日本一を達成。継続は力なりがモットー。
⇒けいぞうのプロフィール

コンサル生の実績

・月収40万円
 アカイシさん
・月収34万円
 のりまささん
・月収25万円
 ハリーさん
・月収23万円
 あきらさん
・月収18万円
 りんごぼーいさん
・月収12万円
 川添さん
・月収11万円
 うめちゃんさん
・月収数万円 多数

けいぞうの実績 

・物販アフィリ確定月収370万
(17.02)
・80名のコンサルチームの運営
(2014.05-12)

このページの先頭へ